サラ金やマチ金の消費者金融でお金を借りるなら、安心のキャッシングサービスを使いましょう。

本人の安定した収入が必要

消費者金融からの借り入れは基本的に本人に安定した収入をお持ちの方に限られ、自身で収入を持たない方は利用条件を満たせないためにお金が借りられません。無職の方や専業主婦の方は自身で収入が無いため、多くの消費者金融での借り入れが行えないのです。

借りられない理由は貸金業法の総量規制の関係で、年収の3分の1までの借り入れと決められているために、消費者金融からは自身の収入がゼロの方では借り入れ可能額もゼロとなってしまい、審査以前に申し込みすら受け付けてもらえません。

一部で配偶者に安定した収入があれば利用が可能な消費者金融はありますが、総量規制の例外的な貸付となる「配偶者貸付」の制度を利用するため、配偶者の同意や確認が必須となります。申し込みは専業主婦の方が行うとしても、実際の契約は配偶者が行うようなものなので結局は専業主婦だけでは借りられないのです。

銀行なら借りられる可能性

無職の方となるとどうにもなりませんが、配偶者に安定した収入がある専業主婦の方は銀行であれば借りられる可能性があります。銀行は専業主婦への貸し付けを行っているところがあり、対応をするカードローンであれば配偶者の安定した収入での借り入れが可能です。

消費者金融で借りる場合の配偶者貸付とは異なり、銀行カードローンでの専業主婦の利用の際には配偶者への確認や同意は不要となる場合がほとんどです。内緒で借りられるようになっているので、対応をしてくれる銀行カードローンなら安心です。

加えて銀行であれば消費者金融よりも金利が低くなるのも利点です。返済時の負担が軽減されるため、毎月の支払いがそこまで多くできない方であっても銀行カードローンなら計画的に借りられます。

無理のない返済プランで借りてこそカードローンは便利なサービスとなるので、専業主婦の方が借りる場合には銀行の低金利カードローンでの借り入れから考えてみると良いでしょう。

怪しいところに注意する

専業主婦の方が消費者金融からお金が借りられないとなると、どこからも借りられないのではと不安に思う場合もあります。どうしてもお金が必要だと怪しいところからの借り入れも考えてしまう方もいますが、変なところから借りてしまわぬように安心の専業主婦でも借りられるカードローンについて知っておくと良いです。

下手なところで借りると違法な金利による法外な利息請求をされてしまったり、一日返済が遅れただけで厳しい取り立てや嫌がらせを受ける場合もあります。正規の消費者金融や銀行であれば金利は法律で定められた範囲内で、返済の催促についても法に則って行われるために安心です。

だからと言って返済に遅れても良いわけではありませんが、万が一のときでも正規業者や銀行であれば相談ができるために、借りる側としては不安に感じる部分が少ないのです。

安心サラ金情報 TOP

トップへ戻る