サラ金や街金の消費者金融でお金を借りるなら、安心のキャッシングサービスを使いましょう。

20万円を街金で借りたい

街金は基本的には少額融資となるため、大きな金額を借りるのは難しいです。100万円や200万円となると街金で借りるのは現実的ではありませんが、10万円や20万円程度なら借りられる可能性がないわけではありません。

数万円を借りるときと比べて審査が厳しくなるのは仕方がないことですが、審査に通過をすれば20万円前後でも借りられるのが街金の良いところです。

ただ、借りるためにはいくつかの条件をクリアしなければなりません。何も街金だからといって特別な条件が設けられているわけではなく、貸金業者で借りるための基本的な条件となるので必ず確認をしておきましょう。

安定した収入は必須となる

街金で20万円を借りるためには、借りた後の返済ができるだけの安定した収入が必須となります。アルバイトやパートでも問題はなく、毎月に一定の範囲内で安定した収入を得ていないと話になりません。

安定した収入と聞くと正社員や公務員、固定給の雇用形態をイメージしがちですが、アルバイトやパート、派遣の方でも毎月に給与としての所得を得ていれば安定した収入と認められます。

また、個人事業主や自営業の方でも、ある程度の営業実績や営業年数、営業実態があれば安定した収入と認められる場合が多いです。

他社での借り入れ金額には注意

街金は消費者金融であり、消費者金融は貸金業者であるため、貸し付けにおいては貸金業法の影響を受けます。貸金業法で定められる総量規制の範囲内での貸し付け、借り入れとなるので、借りる金額に応じた年収がなければなりません。

総量規制では年収の3分の1までの貸し付け、借り入れと決められているため、街金で20万円を借りるだけなら60万円超の年収があれば良いだけです。ただし、他社で借り入れがあれば求められる年収は大きくなるので、借り入れの総額には注意が必要です。

例えば、他社で150万円を借りている状態で街金で20万円を借りたいなら、総額170万円の借金の3倍、つまり最低でも510万円の年収がないことには街金で20万円を借りることはできません。

街金も返済の遅れには厳しい

街金なら審査に通りやすい、街金は借りやすいといったイメージを持たれる方が多いですが、だからといって街金は総量規制内なら誰でも借りられるわけではありません。

街金でも他社での返済に遅れているような方、現在進行形で借金に関するトラブルを抱えてしまっている方には融資は行っておらず、一部の街金では公式サイト上に融資は行えない、申し込みはできませんとはっきり記載をしている場合もあります。

20万円を街金で借りる以前に申し込みができない、貸し付けの対象者にも含まれないとなるとどうにもならないので、総量規制とあわせて自身の借金状況はしっかりと確認をするようにしてください。

今現在の遅れではなく過去の遅れであれば、借り入れる街金の審査内容、審査基準次第ではクリアができる可能性があります。

審査に通っても借りられない可能性

総量規制や返済の状況に問題がなければ街金の審査に通る可能性は十分にありますが、審査に通ったとしてもそもそもが希望額通りに借りられるかは分かりません。

街金の中でも小規模な貸金業者となると、審査の基準は大手とは大きく異なる代わりに、まずはごく少額の貸し付けとする場合が少なくありません。

20万円の希望でも5万円までしか借りられない、繰り返しの利用はできないなどの利便性に欠ける街金も少なくはないので、街金の中でも規模が小さなところで借りる場合にはあまり期待はしないほうが良いでしょう。

大手を全て試してから街金へ

中小の貸金業者となる街金で20万円を借りることを考える前に、まずは限度額が街金よりも出やすい大手の消費者金融を試してからにすべきです。大手もそれぞれで審査の基準は異なるため、1社でダメでも別の大手なら審査に通る可能性もあります。

大手なら初回で20万円程度なら十分に現実的な範囲となり、審査にさえ通れば20万円や30万円程度まで限度額が設けられることもあります。限度額内で繰り返し借りられ、何度か利用をしていれば限度額の増額も考えられるのでやはりまずは大手です。

不安に感じる方は申し込み後に電話をかけて相談をしてみるのも一つの方法で、それによって審査結果がどうなるかは分かりませんが、黙ってWebで申し込みをするよりもどうしても20万円が必要な理由などを電話で伝えることで、何らかの配慮をしてくれる可能性はゼロではないのです。

大手の消費者金融は機械的な審査であまり相談に乗ってくれないと感じている方もいますが、申し込み後すぐに電話をかけることで相談に乗ってくれる場合もあります。

安心サラ金・街金情報 TOP

トップへ戻る