サラ金や街金の消費者金融でお金を借りるなら、安心のキャッシングサービスを使いましょう。

街金はCICやJICCを見ないのか

信用情報に不安がある方は、お金を借り入れる際の申し込みで信用情報機関への情報照会を行うかがどうしても気になってしまいます。

CICやJICCに何らかのネガティブな情報があり、それが原因と思われる審査落ちとなってしまっている場合には、CICやJICC、全銀協といった信用情報機関を見ない借り入れ先を探す場合もあります。

大手消費者金融ではなく中小の貸金業者となる街金を選ぶのも、そういった理由からということも少なくありません。ただ、街金とは言えども、正規の貸金業者であるために審査の際には加入をしている信用情報機関への情報照会を行います。

信用情報なしでは借りられない

街金でお金を借りるとしても、信用情報の照会なくしてはお金は借りられません。CICは見ないとしても多くの街金が加入しているJICCへの情報照会は審査の際に行うため、CICでの情報も結局は見られるようなものです。

CICは見ないのにCICの情報が見られるというのもおかしな話ですが、現在の信用情報機関はそれぞれで情報の共有を行っているため、CICに問題があるからといってCICに加入をしていない街金を選んだところで、結局はCICとJICC、全銀協で情報は共有されているので意味がありません。

数年前に何らかのトラブルがあって信用情報に問題が生じてしまっているのであれば、現状次第では街金ならお金が借りられる可能性がありますが、それでも信用情報なしでの借り入れはできません。

信用情報関係なく貸してくれるとしたら

大手の消費者金融や銀行での借り入れだけでなく、街金でのキャッシング利用においても信用情報はしっかりと確認がされるため、CICやJICC無関係で貸してくれるといったところはありません。

ただ、中には信用情報を照会せずに貸し付けるところもあります。違法な営業をしている闇金融で、闇金融は貸金業者として必要な届け出もしていないため、信用情報機関への加盟もしていません。

信用情報を見ずに少額を貸し付ける代わりに違法な高金利となり、返済ができなくなれば暴力的な取り立てを行います。信用情報を見ないからといって闇金融で借りてしまうと、後々で大きなトラブルとなるので絶対に利用をしてはいけません。

闇金融の取り立ては本人だけでなく、家族や会社へも行われることとなります。それでも返済がされないとなると隣近所への嫌がらせなども行われるので、利用をしないようにしてください。

信用情報がクリーンになるのを待つ手も

CICなどにネガティブな情報が記録されてしまっていると、大手の消費者金融での借り入れはどうしても難しくなってしまいます。内容によっては街金でも審査通過が難しく、審査落ちを繰り返して申し込みブラックといった状況に陥ってしまう場合もあります。

それであれば、無理に申し込みを続けるのではなく、一度信用情報の開示請求をして情報の保有期限を確認してみるのも良いでしょう。

信用情報にはそれぞれ情報が記録される期限が決まっており、期限を過ぎれば情報は消えます。情報が消えてからの申し込みとすればCICなどのネガティブな記録がなくなるので、大手消費者金融でも借りられる可能性が出てくるのです。

ネガティブな情報がある状態では危険?

各サービスによるもののために絶対に起こりうると断言できるわけではありませんが、大手消費者金融や街金の中には、CICなどの信用情報機関にネガティブな情報がある状態で申し込みをしてその記録が見られると、社内で独自に情報を記録している場合があると言われています。

信用情報機関に記録がされる情報の保有期限は一定の期間で決められていますが、各社各サービスが独自に保有する情報に関しては特に期限は決められておらず、一度でも危ない情報が記録されると消えずに残り続ける可能性があります。

例えば破産の履歴がある状態で申し込みをしてしまうと、申し込み先の大手消費者金融や街金で独自に破産者としてリスト化されてもおかしくない、ということです。

  • 独自に情報が記録されると非常に厄介

CICやJICCなどの信用情報機関とは異なり、各社で独自に情報が記録されると開示もできず、いつまでの情報が残る可能性があるために非常に厄介な問題となります。今後のことを考えて余計な情報を持たれないためにも、信用情報に問題があるなら申し込みをしないというのも大事なことです。

信用情報は汚さないのが一番

既にネガティブな情報が記録されてしまっているとどうにもなりませんが、そうならないためにも信用情報はクリーンに保つことが大切です。

返済が苦しくなるほどに余計な借り入れは重ねないようにし、毎月の給料などの収入から考えて余裕を持った返済ができる範囲で借りるなどをしておかないと、出費が重なった際などに返済が滞ってしまう可能性もあります。

返済が長期にわたって遅れることとなればいわゆる「ブラック」というような信用情報機関にネガティブな異動の情報が記録されてしまうため、キャッシングやカードローンを利用するとしても余裕をもって返済ができる範囲で、計画的な利用を進めるようにしなければなりません。

記録がされる信用情報は半年から数年と情報によって保有期限は異なりますが、長い年月にわたって残ることとなります。一度でも汚してしまうと綺麗にするまで時間がかかるので、信用情報はなるべくクリーンに保つようにしてください。

このページを見た方に人気のキャッシング

第0位

プロミス

★★★★★

平日も土日も契約後は対応する金融機関宛で24時間最短10秒で振り込みが可能です。

実質年率借入限度額審査時間融資までの目安
4.5%~17.8%1~500万円最短30分最短1時間
パソコンでもスマホでもWeb上で来店不要での手続きが可能で、Web契約後は対応する金融機関宛で土日も含めて24時間最短10秒で振り込みが可能です。振り込み以外にもカードを使わずスマホアプリで提携コンビニATMで借り入れや返済が可能となる「アプリローン」や、店舗や契約機での直接のカードの受け取りなど、とにかく便利に借りるならプロミスがおすすめです。
プロミス
公式サイトで詳細を見る
  • プロミスにはレディースキャッシングもあり

プロミスは女性の方のためのレディースキャッシングもあります。金利や限度額などの貸し付け条件に違いはありませんが、女性オペレーターが対応をしてくれるので初めての方でも安心です。
プロミスレディースキャッシングはこちら

第0位

SMBCモビット

★★★★★

Web完結での申し込みなら会社への電話も自宅宛の郵送物もない契約が可能です。

実質年率借入限度額審査時間融資までの目安
3.0%~18.0%1~800万円10秒簡易審査最短即日
Webでの手続きの手順が二通りあり、Web完結で進める申し込みなら来店不要で会社への電話なし郵送物も不要で契約ができます。審査の結果によってはご希望に添えない場合がありますが、14:50までの手続きなら最短即日の振り込み融資も可能です。時間を過ぎてしまってもスマホアプリを使えばカード不要でコンビニATMでの借り入れも可能で、すぐにお金が必要なときにも頼れます。
AMBCモビット
公式サイトで詳細を見る
トップへ戻る