サラ金や街金の消費者金融でお金を借りるなら、安心のキャッシングサービスを使いましょう。

街金でお金を借りるための給料は?

街金は貸金業者であるため、安定した収入を得ていないことには利用ができません。安定した収入とは給料を指す場合がほとんどで、街金で借りるためには一定の給料を得ていないといけません。

ただ、具体的にいくらの給料なら、どの程度の収入なら街金で借りられるのかといった明確な金額や水準は提示がされていない場合がほとんどです。

大体の街金は「安定した収入」としか書かれていないため、例えばアルバイトやパートで毎月の給料が5万円や6万円でも街金でお金が借りられるのかは、申し込み時にはどうしても気になる部分です。

安定していれば金額は問わない

申し込みや利用のために必要となる給料の金額が定められていない場合には、街金であっても大手消費者金融であっても、収入となる給料さえ安定がしていればいくらでも利用は可能、ということになります。

それこそ上で挙げたように毎月の給料が5万円や6万円と多くはないとしても、それでも毎月の給料が安定して支給日に得られているのであれば、借りるための最低限の条件は満たしているのです。

給料の基準をクリアしているからといって必ず審査に通るわけではなく、他社利用状況等によっては審査落ちとなってしまって街金でもお金が借りられない可能性はありますが、少なくとも給料の金額に関しては安定さえしていれば問われていない街金がほとんどです。

目安となる総量規制に注目

申し込みや利用における最低限の条件としての給料に関しては金額は問いませんが、借りるため、つまり審査に通るためにはどうしても給料の金額や大小は影響をしてしまいます。

特に気を付けるべきは他の消費者金融や街金などでの借り入れがある場合です。これら貸金業者からの借り入れはすべてを含めて年収の3分の1までと貸金業法における総量規制によって定められているため、他社で借りている場合には新たに借りる際に求められる給料額は大きくなってしまいます。

例えば、他社で100万円を借りていて新たに50万円を借りるとすれば、総額で150万円の借り入れとなるために求められる給料、年収は450万円となります。この水準に満たないと街金でも審査落ちとなってしまうため、申し込みの際には注意が必要です。

給料は正しく申告する

一昔前の対面での申し込みの際には、担当者が目の前にいるために虚偽内容で申し込みをするといったことも起こりにくかったものですが、今は誰にも見られずにWebで申し込みが行える時代であるため、どうしても嘘をつく、虚偽内容で申し込みをするといった方も出てきます。

街金においても来店不要のWeb申し込みに対応をするところが多いため、他社で借りている方などは審査に通りたいからと給料を多くして申し込みをしてしまうなど、虚偽内容の入力をする方もいないわけでもありません。

特に総量規制にかかりそうな場合にはどうしても借りたいからと給料を多くする傾向にありますが、虚偽内容での申し込みはマイナスにしかならないのでやらないようにしましょう。

  • 収入証明を求められれば終わり

給料を多くして申し込みをしたとしても、収入証明の提出を求められれば嘘は一発で分かってしまいます。他社で借り入れが多い方の利用が中心となりがちな街金においては給料明細や源泉徴収票などの所得を証明する書類を求める場合が多いので、給料で嘘をついてもお金が借りられるようにはならないのです。

給料は金額ではなく安定とバランス

街金でお金を借りるためには、第一に給料の安定が欠かせません。多くの給料を得ていても毎月にもらえるわけではない、年に数回といった不定期での不安定な給料では、年収で1,000万円を超えているとしても街金の審査に落ちてしまうこともあります。

給料の額は多くなくても毎月に5万円や10万円を安定して受け取っている、決まった給料日に支給がされているなら、年収で100万円程度だとしても他社借り入れに問題がなければ、総量規制にかからなければ街金で借りられる可能性も十分に出てきます。

街金に限らず大手の消費者金融も含めた貸金業者全般に言えることですが、給料は単純な金額だけを見ているのではなく、安定性や借り入れ、信用情報機関に記録がされている返済履歴なども含めて総合的に判断がされています。

給料に不安があると借りられない

銀行のカードローンや大手の消費者金融に比べると街金は借りやすいと考えられていますが、とは言っても街金にもしっかりとした審査があります。審査に通らないとお金が借りられず、給料に不安があるとなれば審査に通らないために街金でも利用ができません。

審査に通らないからと手当たり次第に街金で審査を受けて立て続けに落ちてしまうと、申し込みブラックといった状態になり、さらにお金が借りにくい状況を作り出してしまいます。

給料に不安がある、他社借り入れ状況からして今の給料では借りられないと考えられる場合には、余計な申し込みをして信用情報を汚してしまう前に、まずは現状をどうにかすることを優先して考えてみると良いでしょう。

安心サラ金・街金情報 TOP

トップへ戻る