サラ金や街金の消費者金融でお金を借りるなら、安心のキャッシングサービスを使いましょう。

申し込みブラックの状態とは

カードローンやキャッシングについて少し調べてみると、申し込みブラックといった言葉をよく見かけます。これは短期間に連続して多くの消費者金融等に申し込みをしてしまっている状態を指し、審査で大きく不利になる傾向にあります。

そもそもなぜ申し込みをしたことが業者間で分かるのかという点ですが、業者間で直接申し込み者の情報をやり取りしているわけではなく、CICやJICC、全銀協といった信用情報機関で情報を共有していることで、信用情報機関へ加盟をする業者間では照会をすればすぐに分かるようになっています。

信用情報機関では借り入れや返済の利用状況のほかに、申し込みに関する記録もされています。CICでは半年間に渡って情報が残るようになっているので、半年の間で多くの申し込み履歴があると、いわゆる「申し込みブラック」として扱われてしまう場合があるのです。

審査の際に確認がされる信用情報機関

今では審査を行う際に信用情報機関への情報照会、情報共有が行われるため、どうしても審査の際には確認がされてしまいます。審査で不利になりたくないからと他社借り入れ情報を少なく入力して申し込みをしたとしても、信用情報機関に情報を照会すればすぐにわかってしまうために意味がありません。

一度登録がされた情報は決められた保有期限を過ぎない限りは消えないため、申し込みに関する記録も半年が経たないと残り続けてしまいます。間違った情報であれば申し立てによって削除がされますが、正しい情報が途中で消えることはありません。

そのため、切羽詰まって一度に多くの申し込みをしてしまうと、それぞれの情報が消えるまでは申し込みブラックとして審査では大きく不利になってしまう可能性があるのです。

街金の審査と申し込みブラック

申し込みブラックによる審査のマイナス評価は、何も大手の消費者金融に限ったことではありません。中小の消費者金融となる街金においても申し込みブラックは審査で不利になる傾向にあり、審査落ちの原因ともなりかねません。

何件の履歴から申し込みブラックになるかという基準や明確な線引きはありませんが、感覚的な部分で例えば直近1か月で1件の申し込みがあって借り入れの履歴がない、つまり1件で審査落ちになっている人と、直近1か月で5件の申し込みがあって5件で審査落ちになっている人がいるとすれば、どちらのほうが貸すに値するかといった話です。

5件も審査に落ちるのは、信用情報機関に記録がされない部分で何か問題があるのではないかと考えられてしまうこともあり、短期間での多くの申し込みの履歴は借りる側の信用という面においても大きく落とすことになってしまうのです。

  • 信用情報機関に記録がされない情報

信用情報機関には多くの情報が記録されていますが、利用におけるすべての情報を取り扱っているわけではありません。信用情報機関に記録がされていない情報も各社各サービスで独自に記録をしている場合があるため、それによって審査落ちとなっている疑いがあれば、他社審査でも大きな悪影響を与えることとなります。

申し込みブラックになってしまうと厳しい

街金は大手とは異なる審査で借りやすいと考えられているため、申し込みブラックでも街金なら借りられる、街金なら関係ないと勘違いをしてしまう方もいます。

しかし、街金は闇金とは異なり大手とは異なる基準ではあるとしても、しっかりとした審査は行います。申し込みブラックのような怪しい状態の方に対しては貸し付けをしない場合が多く、街金であっても申し込みブラックでは借りられない可能性が高いです。

申し込みブラックになってしまったら情報が消えるまでの期間は新たな申し込みをせずに待つしかなく、一番の対処法としてはそもそも申し込みブラックにならないように、短期間で多くの申し込みをしないといったことしかありません。

同時申し込みが特に危険

ある程度の期間を空けての申し込みであれば、いくつかの履歴があるとしても申し込みブラックとしては扱われない場合も少なくありません。街金であれば現状に問題がないなら大目に見てくれることもあり、少額での借り入れは可能となることもあります。

ただ、期間を空けずに同時に複数のカードローンやキャッシングに申し込みをしているのはどうにもなりません。今ではネットでの申し込みが基本となったことで、やろうと思えば複数社に立て続けに同時期に申し込みが行えてしまいます。

一気に申し込みをすればどこか一つからは借りられると考えて複数の審査を受けてしまうと、そもそも返済をするつもりがないのに借りようとしているのではないかと捉えられ、今後の審査でも大きく不利になる原因を作ってしまうのです。

  • 一気に借りて逃げるケースなども考えられる

例えばですが、とにかく借りられるだけ借りて返済をせずに逃げる、自己破産をするなどを考えているとすると、返済のことなどは当然ながら頭にないので申し込みも一気に行います。実際にはそういう考えがないとしても記録がされている情報からは分からないので、複数の申し込みが短期間で積み重なっていると問題が生じるのです。

申し込み自体も計画的に行う

お金の借り入れは返済を考えて計画的に行うのが基本ですが、申し込みに関しても計画的に無駄なく行うようにしなければなりません。そもそも余計な審査落ちを避けられれば余計な履歴が記録されることもなくなるので、まずは申し込みは虚偽なく正しく行うことから始めるべきです。

審査に通りたいからと嘘の内容で申し込みをしても何も良いことはなく、信用情報機関に照会がされた時点で嘘がばれ、信用ができないと判断がされれば審査落ちとなってしまいます。

これだけで余計な申し込みに関する履歴が記録され、借りられなかったからといって他への申し込みをすれば、それでもう記録は2件となります。

正しく申し込みをしていれば審査に通り、余計な履歴も記録せずに済んでいた可能性もあるので、申し込みブラックにならないためにも申し込み自体は正確にミスなく、虚偽内容の入力等もせずによく確認をしながら進めるようにしてください。

安心サラ金・街金情報 TOP

トップへ戻る