サラ金や街金の消費者金融でお金を借りるなら、安心のキャッシングサービスを使いましょう。

サラ金と街金の違い

カードローンやキャッシングの借り入れ先には銀行や消費者金融、クレジットカードを発行する信販会社など様々で、その中でもサラ金や街金として分類がされるものもあります。

銀行で借りる、大手の消費者金融を使うといったのであれば比較的安心ができるものですが、サラ金や街金で借りるとなると何だか抵抗があり、特に街金と聞くと少し怪しい雰囲気もあるために躊躇をしてしまうものです。

ただ、サラ金と街金の違いをしっかりと知っておけば、街金での借り入れも特に不安に感じることはなくなります。安心してお金を借りるためにも、サラ金と街金の違いについて知っておくようにしましょう。

街金は小規模な消費者金融を指す

実際には業種や業態として街金といったものがあるわけではなく、今では大手ではない小規模な消費者金融を指す言葉として街金が使われる場合が多いです。プロミスやアコムなどの有名な消費者金融ではなく、あまり聞いたことがないところを街金としています。

人によっては中堅どころも含めて街金、大手も何もかも消費者金融をすべて含めて街金と呼ぶ場合もあるため、街金とする明確な線引きはありません。

市街地にある金融会社ということで街金と呼ばれるようになったことからも、大手も市街地に店舗や契約機があるため、大手もすべて含めて街金とするのも決して間違いであるとは言えないでしょう。

有人店舗は数は少なくなっていますが、無人の自動契約機であれば大手の消費者金融も市街地や郊外問わずに多数設置がされています。

サラ金と街金に違いはあるのか

では、サラ金と街金には何か違いはあるのでしょうか。答えからすると業種としては何の違いもなく、単純に人による感覚の違いでしかありません。

そもそもサラ金はサラリーマン金融の略称で、一般的には消費者金融全般を指します。街金も消費者金融を指すので両者には違いはなく、サラ金にしても街金にしても消費者金融としては同じ意味です。

とは言え、一般的には上でも触れたように街金は小規模な消費者金融を指す場合が多く、サラ金は大手も含めた消費者金融を指す場合が多いため、両者の感覚には違いがあるのも事実です。

街金で借りるのは安心なのか

街金は小規模であっても正規の消費者金融を指す場合がほとんどのため、お金を借りるとしても金利面などを含めて貸金業法に則っているので比較的安心はできます。

しっかりと守られた上限金利での借り入れとなり、返済で困ったことがあっても一昔前のような厳しい対応は少なくなっていますが、それでも大手とは異なるので有名どころの消費者金融と比べると不安が残るのもたしかです。

基本的に街金は大手で借りられない方、大手の審査に通らない方が利用をする消費者金融となるので、初めてお金を借りる方や大手の審査に通る見込みがある方は、何も街金を選ぶ必要はありません。

申し込みから融資までの早さや、契約後のサービスなどを見ても、大手で借りられるなら大手以外を選ぶ意味はないとまで言えます。

闇金融とは大きく異なる

サラ金も街金もすべてひっくるめて消費者金融となりますが、大きく違いがあるのが闇金融です。闇金と街金は人によっては混同をしてしまう場合もありますが、完全な別物となるので同じとは考えないようにしてください。

街金は小規模でも正規の消費者金融であるのに対し、闇金融は金利も何も法律に反している違法なものです。闇金融は一度でも借りてしまうと大きなトラブルとなってしまうので、街金と同じだと思って借りてしまうと周りにも迷惑をかけることとなります。

業者名等を聞いたことがないと街金なのか闇金融とされる闇金なのかが違いも分からないので、闇金融で借りてしまうのを避けるためにも初めての方、消費者金融について詳しくない方は信頼のできる大手を使っておくのが無難なのです。

安心して借りられる街金

一昔前、グレーゾーン金利時代に比べると街金の数も減ってきていますが、それでも今でもいくつもの街金とされる小規模な消費者金融は存在しています。

街金となると大手と比べて情報が遥かに少なく、どこなら安心して借りられるかが分からないものですが、それでも気になる街金があればネットで調べるといくらか情報が出てくるはずです。

それでもよくわからない、調べるのが手間と感じられるなら安心ができる大手の消費者金融を選んでおくべきなので、まずは大手の消費者金融への申し込みから進めてみて、結果を見てから他の街金を使うかを考えてみると良いでしょう。

安心サラ金・街金情報 TOP

トップへ戻る